はじめての学童保育選び

勉強

アフタースクールを開設している団体はさまざまで、学校から運営委託を受けて設置されているスクールもありますし、場所もそれぞれ異なります。目的はいずれも放課後の子どもたちに安心して過ごせる場を提供することであり、学校が終わって夕方までの時間帯、子どもたちが仲間と一緒に過ごせる場所を提供してくれる存在です。アフタースクールで子どもたちは思い切り遊んだり、共同生活で社会のルールを肌で知ったり、宿題に取り組んだりすることができるためその後の人生にも大きくプラスになるでしょう。子どもたちが自由にコミュニティを築ける環境が失われつつある現代、ルールやマナーの基礎を自然に身につけられる大切な場になっています。

どのように選べばいいか

親子

初めてアフタースクールを選ぶときにチェックしたいポイントはいくつかあります。まず開所時間帯は重要で、親が家を空ける時間帯をしっかりカバーできるかどうかがポイントです。また施設が学校ではない場合、設備が衛生的かどうかは実際に見て確かめるのが一番です。利用している知り合いがいれば、是非話を聞いて、指導員の評判などもチェックしましょう。そして継続するためには料金のチェックは重要ですので、年間の予算を立てて候補を選ぶことも大切です。

特別な学習プログラムも

勉強

今とても人気が高いのが、学習プログラムや体験プログラムを用意しているアフタースクールです。特に英語は高い注目を集めていて、小さいうちから英語に触れることでその後の学校の勉強がスムーズに行くように選ぶ家庭も増えています。ただ、アフタースクールと学習塾とでは本質が異なりますので、まずはそのプログラムが子どもに合うかどうかをメインに考えるのが一番です。本人が楽しくて仕方がないくらい気に入る可能性もありますので、是非自然に能力が発揮されるプログラムを探しましょう。

子どもが大切なものを見つけられる場

親子

子どもは子ども同士のコミュニティで社会のルールやマナーを自然に身につけていくものですが、現代は学校以外の場でコミュニティを築くことが難しくなっています。アフタースクールは学習塾ではなく、地域のコミュニティの一環として、子どもの宿題を見たり、集団生活での気遣いを知ったりする場だというのが最大の特徴でしょう。親の側も、目に見える成果や結果を強く求めるというよりも、思い切り体を動かしたり、友だちと話したり、芸術と親しんだりできる安心の場だと認識するのが一番です。子どもが夢中になれるものや好きなものを発見できる場だと理解すれば、きっと思いがけない宝物を得ることができるでしょう。

広告募集中